なぎさ海道

大阪湾・播磨灘・紀伊水道 人と海がふれあう空間

お知らせ

【大阪湾ベイエリア開発推進機構 後援イベント】

第13 回ほっといたらあかんやん!大阪湾フォーラム
「まあるい大阪湾・須磨でひっぱりだこ」

2017.03.31

2017年3月4日(土)、第13 回ほっといたらあかんやん!大阪湾フォーラム「まあるい大阪湾・須磨でひっぱりだこ」が開催されました。

第13回目となるフォーラムの開催地は、開港150年を迎える神戸市にある須磨海浜水族園。
今年、開館60周年を迎える須磨海浜水族園の大水槽前にて、海の生き物に見守られながらフォーラムが開催されました。
今年は、たこをテーマとして、明石だこ、泉だこを育む大阪湾の特性、水質、食文化について学び、今後の大阪湾についての意見交換が行われました。

午前10時半より、大阪湾フォーラムのプレイベントとして、ガイド付きウォーキングツアー「須磨の海岸ウォーキング」が開催されました。

須磨海岸の船溜まり内にある「すまうら水産」の海苔工場を見学。また、須磨海浜水族園の吉田園長による須磨の半自然海岸、そして現在神戸市による須磨海岸の遠浅化工事についてのお話を伺いました。

午後から始まった「第13 回ほっといたらあかんやん!大阪湾フォーラム」には、約150名が参加。

高校生による大阪湾の環境改善のための研究発表、
京都大学名誉教授の藤原建紀先生による基調講演、
そして、兵庫県立農林水産技術総合センターの反田實さん、大阪市立自然史博物館友の会の鍋島靖信さんからタコにまつわる話題提供が行われました。

 

 一覧へ戻る